小室哲哉がKEIKOと離婚調停中。離婚歴は?

Pocket

2019年10月22日、プロデューサーの小室哲哉さん。歌手のKEIKOさんと離婚調停中とのニュースが入ってきました。かつて一世を風靡した小室哲哉さん。

今回はその離婚調停について、そして離婚歴についてまとめてみました。

【プロフィール】

生年月日: 1958年11月27日 (年齢 60歳)
生まれ: 東京都 府中市
配偶者: KEIKO (2002年から)、 Asami (2001年 – 2002年)、 大谷 香奈子 (1988年 – 1992年)
参加ユニット: globe、 TM NETWORK、 H Jungle with t (1995年 – 1996年)、 PANDORA、 V2、 EUROGROOVE、 VIZITORS、 TATSUMAKI

日本の元ミュージシャン、元音楽プロデューサー。東京都府中市出身。親は福島県出身。東京多摩振興特命武蔵国府中大使。元尚美学園大学芸術情報学部教授。妻はglobeのボーカルのKEIKO。従兄弟はアイドルグループCHA-CHAのメンバーで音楽家の中村亘利。愛称は「てっちゃん」「先生」「TK」など。

引用:ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E5%93%B2%E5%93%89

かつて一世を風靡したプロデューサーで、自身も所属していたTM NETWEORKをはじめ、奥様とのグループのglobe、そしてTRF、鈴木亜美、華原朋美、内田有紀など多くのプロデュースを行いヒット曲を連発していました。一時期は安室奈美恵さんプロデュースも行っていました。安室さんの代表曲の「CAN TOU CELEBRATE?」は小室さんが作詞・作曲を手掛けています。

その後、中国での音楽ビジネスで多額の借金を負い、巨額の著作権譲渡による詐欺事件で大阪地検に逮捕され、10億円近くの借金があるとされています。

【離婚を求め調停中】

2019年に入り、東京家庭裁判所に関連した書類が提出され、すでに5回の調停が行われているそうです。

小室氏といえば、看護師A子さんとの不倫報道の後、記者会見を行って引退を宣言していました。妻のKEIKOさんが音楽への関心をなくし、「小学4年生の漢字ドリル」をやっていることや大人の女性としてのコミュニケーションがなくなったことをあげ、介護疲れを訴えていました。

しかしKEIKOの体調は日常生活を自由におくれるほど回復しており、「私は元気です」、「彼の話はほとんど嘘。彼は介護らしいことは何もしていません」など語っており2人の間の話が食い違っています。

現在2人は別居中でKEIKOさんの実家で暮らしているようで、お金などもほとんど入れていないとのこと。KEIKOさんから「生活費を入れてほしい」と小室さんに頼むと小室さんの方から離婚の話を切り出ししたそうです。

現在は、双方ともに弁護士を立て、「婚姻費用分担請求調停事件」「夫婦関係調整調停事件」について調停が行われています。

【生活費は月額8万円】

小室さん側がKEIKOさん側に対して掲示した婚姻費用は「月額8万円」だそうです。

小室さんは現在でも毎年楽曲提供などで印税が入り、現在でも1億以上の総収入があるにもかかわらず、税金やその他経費などを差し引くと収入は600万円台と主張しています。それを根拠に月額8万円は妥当と主張しています。

しかしKEIKOさん側としては、小室さんは音楽制作の活動を引退しており、数千万円の経費は認められないと主張しています。明細の開示も請求していたが、小室側が一向に応じないとのこと。

生活費8万円が妥当なのかはどうなのでしょうか。小室さんは現在も高級マンションに住んでいるとされています。またKEIKOさんはもう復縁の可能性はないと語っています。このままですと裁判で争うこともありそうで、泥沼化しそうですね。

【前妻はダンサーの吉田麻美さん】

小室さんは過去に一度ダンサーの吉田麻美さんと2001年に結婚をしています。いわゆるできちゃった婚らしく娘さんがいます。しかし結婚生活は長く続かずわずか10ヵ月でスピード離婚しています。

吉田麻美さんについてですが、テレビ番組「ASAYAN」のプロデュース企画で、小室さんプロデュースでdosとういうユニットでデビューしています。まさに小室さん全盛期で小室ファミリーですね。実は現在バラエティ番組で活躍しているKABAちゃんもこのグループに所属していました。

その後、小室さんとのユニット「Kiss Destination」としてい活動。交際もこの頃始まったとされています。吉田さんは現在もダンサーとして活動しているそうです。

【まとめ】

音楽プロデューサーして数多くの名曲を世に送り出した小室さん。KEIKOさんとの調停がどうなるのか。復縁はないそうなので離婚とうことになりそうですが、双方の主張の食い違いもありますので真実をはっきりさせて、新たな道をお互い納得いくかたちで歩んでほしいですね。

そしていち小室ファンとしてはまたいつかプロデューサーとして復帰して小室サウンドを聴きたいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.